本文へスキップ

田七人参 効果 効能 副作用 通販 有機JAS認証 慶光茶荘

ご注文はお電話でodTEL. 0120-410-716

営業時間:平日9時~18時 第2・4土曜

田七人参 効果(高血圧、低血圧、耳鳴り、不整脈、心臓、肝臓)栽培から成分まで副作用等徹底解説

慶光茶荘の「美人牌」田七人参は有機JAS認証・100%は、お店でも通販でも購入できます。

田七人参はどのような方にお勧めですか?

血圧・不整脈・心臓・糖尿・肝臓・内臓の疲れ・血流・高血圧による耳鳴り等気になる方に

純度100%の田七人参

三国志にも登場した田七人参

  • 田七人参は中国で、諸葛亮孔明が戦士を癒やすために食した「孔明鍋」に食材として使われ、野生の猿が自然に傷口に塗っていた伝説がある食材です。サポニンは高麗人参の2倍以上と言われ、近年は「田七ケトン」という特有の血流改善が期待される成分が発見されました。
  • 田七人参は、中国雲南省の限られた地域でしか採れない特産品です。古来より金不換(お金に換えがたいほどの価値のある)と呼ばれ希少品でした。
  • 田七人参は薬ではありません!日本では、健康食品に分類される田七人参なぜならば副作用がないからです。弊社では商品に登録商標「美人牌」を使うことにより類似商品の防止。有機JAS認定による無農薬・有機栽培をわかりやすく表示しています。

田七人参の由来や効果、私のこだわりなど

田七人参の効果を実感田七人参の効能・効果を実感 お客様の声
田七人参疑問質問田七人参に関する疑問質問
田七人参マンガで解説マンガで解説 田七人参
田七人参ウコン比較編マンガで解説 田七人参 ウコン比較編
田七人参の里雲南旅行記田七人参の里 雲南旅行記

田七との出会い

田七人参との出会い

「友人から頼まれて」

田七人参粉(でんしちにんじん)との出会いは、中国での「片仔廣」(へんしこう)という薬との出会いでした。

当時お茶の輸入を始めていた私に友人からのお土産のリクエストがありました「片仔廣」と言うものが香港の空港で売っているので買ってきてと

仕事も終わり帰りの香港の空港で「片仔廣」を購入しようとすると意外と高い 友人からは複数頼まれていたので手元のお金でギリギリ買えました

日本へ着いて税関で申告物をと言われて先ほどの「片仔廣」をなにか入念に調べているなという感覚でした。


田七人参は漢方薬・片仔廣の主成分

「なんと友人が空港まで迎えに」

空港を出るとなんと友人が迎えに・・すぐにでも「片仔廣」がほしいと お金を清算して その後帰宅

しかし帰宅しても「片仔廣」が引っ掛かり調べてみると・・・C型肝炎などに
と書いてあるではありませんか?

しかし「片仔廣」は麝香(じゃこう)を使っているために一般的な輸入ができません

そこで私は「片仔廣」の85%の主成分である田七人参に着目したのが田七との出会いです


日本で紹介されてのは江戸時代

田人参七の日本での照会は?

「図書館で田七を調べてみた」

田七がハッキリと辞典に記されていたのは李時珍(一五一八年-一五九三年)がそれまでの「神農本草記」を編纂して書き上げた六十一歳の時に「本草綱目」(全五十二巻百九十万余字)からと言われています。

李時珍(1518年の―1593年)
字を東璧、当時は東璧と名乗っていました。 医者の家系で育った李時珍は幼い頃から体が弱く、自分の体の弱さから医学に目覚めたと言われています。
一度は地方の豪族に認められ医者役人になるのですが、すぐに地元に帰り 地元で医者として働きます。当時の医業の聖典であった「神農本草記」ですが、李時珍は様々な箇所での間違えや時代とともにかわったものなどを追加修正し「本草網目」を書いたと言われています。


田七人参はどのように紹介されたのか

「日本にはいつ紹介されたのか?」

明代(1604年頃)に日本へ来た「本草綱目」はそれから数代を過ぎた後に小野蘭山の孫小野職孝 (もとたか)が蘭山の「本草綱目」の授業をまとめたのが「本草綱目啓蒙」(1803年)に記載されています。

「本草綱目啓蒙」には「田七」、それは生産地広西(現在中国の雲南~広西省周辺で採れるが、)しかし和産(日本では)どこで採れるのかはいまだ判らずとあります。


「本草網目」に田七人参はどのように書いてあった?

本草網目に田七人参はどのように書いてあったのか

「本草網目 明代 作者 李時珍 」

「味は少し甘いが、苦味もあり、人参の味に似ている」キズや出血に有効。棒打(当時の刑罰)を受ける前に少量の田七を飲んだら、心臓への負担が減る。 

受けたあとに飲むのも良い。また婦人の出産の後も良い。

この薬は柔らかく(飲み合わせや副作用が少ないの意)、甘みにほんの少しの苦味があるも陰陽両方に働き、全ての血液に関する病を治療することができる。


本草網目の改訂版

「本草秘録(改訂版) 清代 陳士鉾」

田七の根は止血にとって神業で、どこ部位のといわず出血を止める。

単独で使ってもいい。

血気の不足を補う薬と同時に取ると尚良い。なぜならこの薬は柔らかく(飲み合わせや副作用が少ないの意)精力剤と同時に服用された場合でも体に順調に吸収される。

また古くから田七人参は「金不換」=中国漢方の上薬としてお金と交換することができないぐらい高価なものと呼ばれていました。

※筆者の訳文ですので詳細はご容赦ください。


「田七人参」って「高麗人参」に似ていますが・・

田七人参のイメージ

「両方とも漢方の上薬ですが少し違う」

 「高麗人参」も古くから「田七人参」と同じように漢方の上薬(副作用や飲み合わせに問題がない)に分類されて体に良いと言われています、確かに形も似ていますね。
それでは、なにが違うのでしょう?まずは内容の違い「高麗人参」も「田七人参」も主成分はサポニンですが、そのサポニンの種類が違います。
またサポニンの種類が違うので比較しにくいですが含有量が「田七人参」のほうが多く5倍~7倍ほどの違いがあります。
さらには飲むタイミング 医薬品の「高麗人参」は食後ですが「田七人参」は胃にも優しいので体がなんでも吸収しやすい食前がお勧めです。
わかりやすく言えば「田七人参」は「血液の潤滑剤」にたいして「高麗人参」は「血液の起爆剤」みたいな感じです。
ですから「田七人参」は高血圧の方・低血圧い方でも血液の流れをスムーズにし不整脈を防ぎます、一方「高麗人参」は低血圧には良いですが、高血圧の方には向きません。
「田七人参」は「血液の潤滑剤」と書きましたが、なぜ潤滑剤に止血効果(田七人参の特徴)があるのは私も不思議に思います。


まずは自分で田七人参を試してみました

  • 内容(田七人参とは?をお読みください)はよくわかったので、自分自身がまずは飲んでみると粉が細かいせいか、少し飲みなれないと飲みづらいかも・・しかし何度か飲んでいると確かに苦味の中にも甘さを感じました。

    甘さを一度感じると苦味も気にならなくなりました。最初は一週間とりあえず朝起きてすぐ飲んであまり変わった気はしませんでしたが、逆に途中飲み忘れた時には、たしかに違和感を感じます。
  • また日常の生活の中で、止血効果や胃のムカつきにはとても良かったのは実感できました。

    飲み始めてから3ヶ月後 確かに高血圧や不整脈・肝機能など数字に現れたものもありましたが、特に感じたのは血行が良くなったように感じます。

    私の場合は妻にも試してもらったのだが、妻の心臓が弱かったのが気にならなくなっていたのは一番の驚きでした。

広大な田七の畑

田七人参品質向上のための有機JAS

  • 元々、中国茶の輸入事業を行ってい私は、雲南省にさまざまな友人がおり 田七人参の輸入事業はスムーズに始められました。

    前記の通り、「田七人参粉」は中国では医薬品の原料として使われるため元々管理がしっかりしているが、やはり日本のお客様に安心していただけるよう「有機JAS」の認証を取得することを中国側に提案しました。

    最初は様々な障害もあり大変だったのですが、今では「有機JAS」認証を取得してよかったと考えています。

    本当に今を思えば現場での指導 専門用語の通訳作業の実践など大変でしたが・・・・・

田七人参の畑の中は

田七人参の生産にもこだわりを田七生産のこだわり

産地にこだわる
この要素は絶対譲れません なぜなら一般低地に畑を作ると害虫が繁殖しやすいと考え、そうなると農薬などの悪循環におちいります。
海抜が重要
全体的に海抜が高いため空気の乾燥しており、また標高が高ければ高いほど害虫が発生しにくくなります
堆肥を使う
ここでも化学肥料は使わずに堆肥を使うよう生産者と話し合いました。カンタンではありませんでしたが
良い防光ネットを
実際に田七人参は数年かけて収獲されます。 ですからシーズンごとの天候との調整が大切です。
土壌にもこだわる
ウネあたり1000キロの有機肥料と微生物の肥料1キロをバランスよくブレンドし、さらにカルシウム・マグネシウム・リンを油かす粉と一緒に使用しています。

田七人参の粉にもこだわりが

  • 田七人参 たさないひかないそのままを粉末に弊社で販売している、 有機JAS認証 田七人参粉は 30頭の有機田七を輸入して日本国内で粉砕滅菌加工しています。

    粉で輸入すると最初の形が見えないので。 コレもこだわり またお客様の声からもよく耳にするのが「飲みにくいのでカプセルか錠剤にして欲しい」スミマセン 最初に謝っておきますがココも譲れないこだわりです。

    なぜ粉にこだわるのか? それは良い物を100%お客様に届けたいから。 田七は空腹時に服用されるのが最適ですが、空腹時に錠剤を固めるためのデンプン糊やアラビアゴム糊・ヒドロキシプロピルセルロースが必要ですか体に?

    ソフトカプセルに使われるゼラチンやグリセリンを毎日飲むのですか?

    私の答えはNO!です。 数日間限定の薬であればまだ良いのですが 毎日飲む健康食品には「粉」こそが最適なのです。
純度100%の田七人参

有機JAS認証「美人牌」田七人参田七人参の詳細

商品名
美人牌 有機JAS 田七人参粉
属名/学名
うこぎ科 トチバニンジン属 多年草/ Panax notoginseng
原産地
中華人民共和国 雲南省 文山市周辺
部位・形状/製法
田七人参の根/栽培した根を乾燥滅菌・日本にて加工
香り/味
無し/ ほのかな甘い後味を感じる苦い味
食用方法
食事の前に付属のスプーンで1.2g程度
主な成分
ジンセノサイド、フラボノイド、パナキシノール、シトステロール、有機ゲルマニュウム、アルカロイド、各種ミネラル
商品価格
6800円(税別)/約1か月・40g~
効果・効能・副作用・田七人参・通販田七人参の商品一覧はココから
田七人参の商品一覧はココから

※日本での田七人参粉はお薬や漢方薬ではありません。(加工品錠剤やカプセル等例外がございます)
※飲用して体の不調を感じたら専門医にご相談下さい。
※このホームページに書いてあることは個人的な感想を含みます。

バナースペース

田七人参のことなら慶光茶荘

〒814-0103
福岡市城南区鳥飼5-2-43

TEL 0120-410-716
FAX 0120-410-709